毎日是遊楽的生活我希望!!

薬剤師によるブログ、暗中無索

フリーランス薬剤師支援企画「鶏口計画(けいこう けいかく)」が本格始動!

​くちばし会員の活動記録をアップします

豆電球片手に携えて

  • しまっこ

Pharmazie historisches museum Basel


Baselはスイスの小さな町ですが、製薬会社の研究所や本社の集まる町として知られています。

幼い頃住んでいたこともあり今でも数年に一度は訪れる街です。


先月の半ばのことです。旧市街をぶらぶらしていたら、薬物歴史博物館なるものを見つけたので皆様に紹介したいと思います!


ヨーロッパでは14世紀頃に医薬分業が進められたそうですが、この建物もその時期に建設された物だそうです。

バーゼル大学の付属機関で薬物関係の歴史的資料はヨーロッパ随一とのこと。

錬金術師パラケルススや画家のホルバインもここに集っていたのだとか。


内部は中世の薬局が復元されていたり、薬の道具、ラボ、薬の壺として使われた陶器や研究資料等や古い薬草の辞典等様々なコレクションに出会えます。


現代の医薬品が使用される前のハーブや古くから生薬原料として使用された蛙や蛇や骸骨などが暗闇の中陳列しており

独特の雰囲気を醸し出しておりました

(一人だったから若干怖かったw)


Baselはドイツとフランスの国境を有しており

1日で三カ国周遊も可能な街です。

もし近隣国を訪れることがあれば

是非行ってみてください(^^)

44回の閲覧

最新記事

すべて表示

方言から学ぶ服薬指導

私の地元仙台では地方都市ということもあってか、現代では方言を耳にすることが少なくなりました。 しかし、方言にはその地方の雰囲気や温かみが感じられて私は好きです。 私の妻は青森県の津軽地方出身です。 一緒に青森の実家へ帰省すると、津軽弁で一家団欒が始まります。私は会話の内容を完全に理解することはできません。しかし声のトーンや雰囲気でなんとなく会話の内容が理解できます。 今楽しい話をしているな、とか真

フリーランス薬剤師達のブログ